2015年06月05日

5月15日の水戸室内管弦楽団(小澤さん指揮)に行ってきました!

今年1月に続いて5月にも、小澤さんが指揮する水戸室内管弦楽団の演奏会がありました。運よくチケットが取れたので、水戸まで行ってきました!

演奏曲目は3曲の予定でしたが、水戸室内管弦楽団の名ヴィオラ奏者だった江戸純子さんが演奏会に先だって亡くなったそうで、最初に、小澤さん指揮でモーツァルトのディヴェルティメントニ長調K.136(125a)の第2楽章が演奏されました。すごく心のこもった演奏で、本当に、思わず涙が出てしまいそうでした。

CIMG1197.JPG

今回の演奏曲は、
【第1部】指揮者なし
ゲルスター:ティンパニと弦楽のためのカプリチェット
(ティンパニ独奏:ローランド・アルトマン)
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調K.219(トルコ風)
(ヴァイオリン独奏:竹澤恭子)
<休憩>
【第2部】式:小澤征爾
ベートーヴェン:交響曲 第2番 ニ長調作品36

竹澤恭子さんのヴァイオリンは生で初めて聞きましたが、とっても情熱的で良かったです。情感あふれるような音と、そしてヴァイオリンを弾く姿もとてもかわいらしくて素敵でした。今度は、竹澤さんを聞きにコンサートに行ってもいいと思いました!

小澤さんの指揮のベートーヴェンも、良かったです。昨年もベートーヴェンの第4と第7を水戸でやって、それがCDにもなって発売され、好評だったみたいですが、とっても力強く、でも軽やかな弦楽器が素晴らしい水戸管弦楽団ならではの(そして小澤さんならではの)音が今回も聞けました。

本当に、いつまでも聞いていたい気がしました。

水戸芸術会館の掲示板に下の新聞が貼ってあったのでアップします。水戸に住んでいたら、リハーサルにも行ってみたかったなー!!!

CIMG1198.JPG



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。