2009年07月27日

東野圭吾の「秘密」

東野圭吾さんの2冊目は、「秘密」。これは、98年にベストミステリーに選ばれたりした本だそうです。

ミステリーと言えばミステリーなのですが、犯人探しではなく、超常現象に近いことを描きながら、人の心の機微も描いたストーリー。この本を読んで、最後、泣けて仕方がなかったという人がとっても多いのです。

ネタバレになるので、もちろん詳しく書けませんが、「秘密」とは、何が「秘密」なのか。。。途中は、もちろんその超常現象を知っている家族ということなのですが、最後に来て、本当の「秘密」とは、実は・・・!とわかって、鳥肌が立つというか、泣けてきます。

東野さんのストーリーの特徴は、やっぱり最後のどんでん返し、というか、驚きの結末にありますね。ミステリー好きの人は、私もそうですが、いろいろ勘ぐりながら読むのですが、それでもそれ以上の結末になっている!それが楽しくて、一度本を開いたら、終わりまで一気に読んでしまいます!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。