2010年09月09日

■小澤征爾さんとサイトウキネンオーケストラの、六本木ヒルズでの生中継!

サイトウキネンフェスティバルの最後のコンサート、Cプログラムは、
2,3年に一度は、台風にぶつかるという印象があります。

台風にやきもきしながら、1日前に行ったほうがいいか悩んだり・・・、
たしか9.11のテロがあった年だから、2001年だったと思いますが、
最後の日、台風で中央本線も上越新幹線も止まったこともありました。

今年もそんな年でしたね!幸いに8日のお昼過ぎ、
岐阜のあたりで台風は熱帯低気圧になったようですが。。。

でも今年も予定があまり立たず、松本のチケットは
買っていなかったのですが、そんなお天気の中、
今年初めて、六本木ヒルズアリーナの生中継を見に行ってみました。

Cプログラム1日目の生中継が無料で見られる!というものです。

小澤征爾さんは、食道がんの復帰後、最初はいつもどおり
全て指揮をされるはずだったのですが、持病の腰痛のために、
チャイコフスキーの弦楽セレナード第1楽章だけの指揮になりました。
でも、だから、少しでもいいから見たいな!と思ったのです。

六本木ヒルズアリーナは、初めてですが、こんなところ。
丸い屋根がちょこっとついている、半野外のホールです。
スクリーンの後ろは、テレビ朝日のビルです。長野朝日放送が
テレビ朝日系列なので実現しているんですね、きっと。

ホール.jpg

よく分からないかもしれませんが、
中央辺りは、本当にアリーナ席のようになっていて、
コンサート会場のように椅子が並べてありました。
でも台風の後、風は強いしお天気は悪いし、で、
6時半過ぎはまだ人もまばらでした。

そして一段ぐらい上がったところに、テーブル席がほんの少しあり、
そこは、早くに来た人でもういっぱい。
小さな売店が出ているので、そこで買ったワインなどを
飲み始めている人たちもいて、慣れているなぁと感心しました!

小雨もまだ降っていたので、会場のほうでビニールの雨合羽を
用意していて、来た人に配ってました。

7時の開演前は、武満徹メモリアルコンサートをまとめたものを
見せていました。あまり内容を知らなかったので、cobaさんの
アコーディオンや、渡辺香津美さんのギターでびっくり。
何だか、ちょっと得した気分!

その後、開演少し前に、今月の初旬に撮ったという
小澤さんのインタビューが流れました。

インタビュー.jpg

復帰できたことの感謝や、指揮が交代になったことのお詫び、
代わりの指揮者の下野竜也さんのことなどを話されてました。
食道を全摘出されたんですから、大変なことですよね。
お元気な姿が見られただけで、もう感激です!

スタート.jpg

そして、いよいよ生中継開始!
最初に、空のステージに小澤さんだけ登場し、
指揮者交代のお詫びを述べたあと、再度登場して演奏開始です。

チャイコフスキーの
「弦楽セレナード」ハ長調 作品48」第1楽章!
もう、すごかったです!

チャイコフスキー.jpg

チャイコフスキー2.jpg

この曲は、サイトウキネンオーケストラにとっても、
小澤さんにとっても思い出深い曲で、
斎藤秀雄さんが亡くなる数週間前に合宿でとりあげ、
これが最後かもしれない、という思いで
演奏した曲だと聞いています。

そのことともダブって、この7,8分の演奏にかける
オーケストラと小澤さんの意気込みというか、一体感というか、
そんなものが感じられる気がして、本当に素晴らしかったです!
もう、涙が出そうでした。

それにしてもサイトウキネンオーケストラの弦は、
本当にすごいですね。この曲を聴いただけで、
もう帰ってもいいかなと思ったくらいです。

どんな感じか聞きたい方は、アマゾンの試聴ページで
SKOと小澤さんのCDから、少しだけ聞くことができます。

ここをクリックして下の方の「試聴用サンプル」から、どうぞ。
聞くときには、最初からボリュームを最大にしたほうがいいです!

でもせっかくなので、下野さんもしっかり聞いてきました。
まず、権代敦彦作曲の「デカセクシス」。
これは、カーネギーホールとの共同委嘱で作られた曲だそうで、
世界初演だそうです。こういう曲は苦手なのですが、
サイトウキネンの演奏だと不思議に聴くことができます。

下野さん.jpg

それから、ブラームス「交響曲第1番」。
下野さんはブザンソンで優勝し、今注目されている指揮者ですが、
確かに小澤さんとは違う曲になっているなと感じました。

下野さんファンも六本木ヒルズアリーナにたくさん来ていたようで、
下野さんが出ただけで、拍手している人たちもいましたよ。

そばにあった電飾のポスターは、こんな感じ。

ポスター.jpg

生の音にはやっぱり負けると思うけれど、それにしても
生中継で大迫力で見られて聞けて、松本に行かれない人には、
とってもありがたい企画です。

おまけに、コンサートの休憩時間には、今年のSKFの
パレードの様子やオペラのことなど、ダイジェスト版で
見せてくれました!

それから、コンサートが終了してお客さんが拍手しているとき、
何と小澤さんが、客席の後ろのほうに立っていらしたのですが、
そのサービスショットも2回ほどありました!
これは、会場の人は気づかなかったのではないでしょうか。

ちなみにパンフレットも十数部売っていたそうです!
でも、もしかしたら?と気づいたのが、終ってから。
ショップらしきところ(信州のジュースや、コンサートホールで
売っているグッズを売ってました)で聞いたら、
売り切れました〜と言われてショック!
もう少し早く気づけばよかったです〜。(涙

でも、来年はここで指揮をします、とおっしゃっていた小澤さん。
ぜひぜひ万全の体調で、戻ってきていただきたいです!!

(1ファンとして写真を載せました。もしご迷惑であれば
削除しますので、関係者の方、コメント欄からお知らせください)


健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。