2008年08月28日

■ベルリン・フィルの映画が11月公開

またまた、だいぶ間が空いてしまいました!サイトウキネンのお手伝い、今年はまだで、もうすぐ行って来ます。

ところで少し先ですが、あのベルリン・フィルの映画が東京のユーロスペースで公開されるそうですね。2005年の東アジアを巡るコンサート・ツアーに同行したドキュメンタリーのようで、指揮者はサイモン・ラトル氏です。監督は、ベルリン・フィルと子どもたちを撮ったトマス・グルベ氏だそうで、今度のも期待できますね!

こういうドキュメンタリーやメイキングのような映画は、とても興味深く見られて、ますます音楽が好きになりますね。

昔見た、ウエストサイド・ストーリーのオペラ・バージョンCDのメイキングLD(まだ、DVDではなかったんです。)では、バーンスタイン氏の思うような歌にならなくて苦悩するホセ・カレラス氏が描かれていてハラハラしながら見たのですが、とてもファンになってしまいました。(三大テノールとして日本で騒がれるようになる大分前でした)

    *      *

ベルリン・フィルの映画の詳細:

タイトル 「最高のハーモニーを求めて」
英題: TRIP TO ASIA:THE QUEST FOR HARMONY
製作年: 2008年   製作国: ドイツ 
日本公開: 2008年11月 (ユーロスペース)
上映時間: 1時間48分
配給: セテラ・インターナショナル

監督: トマス・グルベ
音楽: シモン・シュトックハウゼン
キャスト:サー・サイモン・ラトル
     ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 他

ストーリー:名門オーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の2005年のコンサート・ツアーに同行したカメラクルーは、移動の飛行機からリハーサル、メンバーのホテルの部屋、自由時間、楽屋までを縦横無尽に動き回り、偉大なるオーケストラの内側に潜入する。彼らの奏でる最高の音楽と素顔をとらえ、ベルリン・フィルの全容を映しだす。


posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽一般
健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。