2008年01月27日

■この春の小澤さんのコンサート予定♪

また、ぽんすけさんから貴重な情報をいただきました!

この春の小澤さんのコンサート予定です。まだ新日本フィルや水戸室内管弦楽団のHPにはアップされていない情報もあります。

----------------------

■新日本フィル特別演奏会 (ピアノ:上原彩子さん)

5月6日(火・祝) パルテノン多摩
  7日(水)昭和女子大学人見記念講堂

曲目は、ベルリオーズ:劇的物語「ファウストの劫罰」作品24

5月16日(金)サントリーホール
  17日(土)すみだトリフォニーホール
  19日(月)ザ・シンフォニーホール
  20日(火)三重文化会館

プログラムは、
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番ニ短調 Op.30
チャイコフスキー:交響曲 第6番ロ短調作品74「悲愴」

■水戸室内管弦楽団

5月28日(水)、29日(木)、30日(金)
モーツァルト:歌劇<コシ・ファン・トゥッテ> K.588 序曲
モーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 K.447 *
ホルン独奏:ラデク・バボラーク
 *5月30日は第4番変ホ長調K.495を演奏します。
細川 俊夫: ピアノとオーケストラのための<月夜の蓮>
ピアノ独奏:児玉 桃
ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調 作品60

その後、ヨーロッパツアーにも出掛けるようです。


----------------------

とのことです!

2月の始めにはウィーン国立歌劇場で指揮をなさるようですが、
その後は、「東京のオペラの森2008」も4月にありますし、
今までになくたくさん日本で演奏なさるんですね♪

ファンには、うれしい春になりそうです。
ぽんすけさん、いいニュースを本当にありがとうございました!






posted by エミル | Comment(1) | TrackBack(0) | 小澤征爾さん

2008年01月22日

■小澤さんの北京コンサートが見られます♪

寒い日が続いていますね。
東京も雪になるとの予報が何度か出たくらいです。

そんな中、寒さで縮こまって夜帰ってきたら、
うれしいニュースが、このブログを読んでくださっている
ポンスケさんから届いていました!

なんと!小澤さんが北京で指揮をなさったコンサートの映像が
YouTubeで見られるのです♪


さっそく拝見していたら、疲れも寒さも飛んでいってしまいました!

もしよかったら、下記のURLから、ぜひご覧ください。
パワフルな小澤さんと中国オーケストラののびやかな音が聴けます。
ランランさんも素敵です!

http://jp.youtube.com/watch?v=ZEw2RpWfBPA

http://jp.youtube.com/watch?v=qZSEuQ1GKOE

http://jp.youtube.com/watch?v=SlIVX1a0JZU

http://jp.youtube.com/watch?v=eoiPMNFdk-0

ポンスケさん、素敵なプレゼント、本当にありがとうございました♪
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤征爾さん

2008年01月10日

■小澤さん、北京でニューイヤーコンサート!

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

この頃毎年、年末に向かう頃から超忙しくなり、今も気分的には4足のわらじを履いている感じで、なかなかこのブログを更新できませんでした。これから少し頑張りたいと思います!

ところで、小澤さん、北京でのニューイヤーコンサートに参加されたんですね♪

「指揮者の小沢征爾が中国国家交響楽団(チャイナ・ナショナル・シンフォニー・オーケストラ)、同合唱団などとの共演で31日と1月1日、9月に使用が始まった北京市内の国家大劇院でニューイヤー・コンサートに出演する。

独唱者はソプラノのキャスリーン・バトル、バイオリンのワディム・レーピン、中国人はピアノの郎朗(ランラン)、二胡の姜建華、チェロの趙静、パイプオルガンの沈凡秀。

中国のクラシックファンの間で、特に前評判の高いのが、小沢征爾と郎朗の初共演。曲目はベートーベンの「合唱幻想曲」。同曲は、交響曲第5番(運命)と同時期の作品だが、ピアノ独奏部分で始まり壮大な合唱付きのクライマックス部分を持ち、交響曲第9番(合唱付き)の原型とされている。

29日の記者会見で郎朗は、「小沢征爾さんと共演でき、とても光栄です。この曲は11年前、14歳の時にも演奏したことがあり、今回のコンサートは、私にとって記念的な意味を持つものです」と述べた。」


とサーチナ・中国情報局からのニュースにありました。(そして、無事に開催されたとの短いニュースもありました!)

キャスリーン・バトル、ワディム・レーピン、郎朗(ランラン)、二胡の姜建華・・・、聞いただけでワクワクします。行ってみたかったです。テレビ中継などはなかったのかなぁ。。。

昨年はウィーン劇場の名誉会員ともなった小澤さん。ぜひ今年もお元気で活躍してほしいです!

posted by エミル | Comment(7) | TrackBack(1) | 小澤征爾さん
健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。