2007年05月14日

■小澤さん、ウィーンに復活されましたね☆

忙しくてすっかり間があいてしまいました!気がつくと、2007年ももう5月ですね。ここ数ヶ月、いろいろなことが重なり時間がなかったのですが、また少しずつ書いていきます。よろしくお願いいたします!

でも忙しいといいつつも、3月には「東京のオペラの森」で小澤さんが指揮するオペラをしっかり見てきました。あの、「タンホイザー」です。それにしてもビックリの演出でした。まるで唐十郎さんの赤テントの芝居のように前衛的な舞台でした。

オペラって実はとっても自由なものかもしれない、と思いました。芝居に歌がついたもの、と考えれば当然そうですよね。メッセージをどう伝えたいかによって、演出だって思いっきり変わってきて当たり前。知らなかっただけで、きっとこんな斬新なオペラがいろいろ上演されているのかもしれませんね。

ところで小澤さんは、ウィーンのオペラ座に復活したことが、今月1日にいろいろな新聞でとりあげられていました。おめでとうございます!また素晴らしい演奏を世界の人たちの聞かせてあげてくださいね。私も1度でいいから、ウィーンで聞きたいなぁ。。。

以下は、TBSのネットニュースの記事です。
『体調を崩して活動を休止していた指揮者の小澤征爾さんが、音楽監督を務めるウィーンのオペラ座でほぼ1年半ぶりの公演を行い、健在ぶりをアピールしました。

 ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務める小澤征爾さんは、去年1月に体調を崩してから活動を休止していましたが、29日、ほぼ1年半ぶりにウィーンでの公演に臨みました。

 すでに日本国内では活動を再開していますが、この日の演奏でも小澤さんらしい力強い指揮ぶりを披露して、健在ぶりをアピール。演奏終了後は、満員の会場から喝采を浴び、拍手が鳴り止みませんでした。

 「すっかり元気になって、いい演奏でした」(観客)
 「2時間以上、指揮(棒)を振られていたので、相当な体力を使われたと思いますけど、迫力のあるステージでよかった」(観客)

 「去年はみんなに迷惑をかけて申し訳なかったが、みんなが助けてくれて」(ウィーン国立歌劇場・音楽監督 小澤征爾さん)
Q.体調は?
 「まあまあ、うまく休んでますから、休めばいいんですよね」(小澤征爾さん)

 現在71歳の小澤さん。秋には韓国や台湾でのアジアツアーも控えていて、再び、「世界のオザワ」としての活動が始まります。(30日07:54)


健康食品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。