2015年06月05日

5月15日の水戸室内管弦楽団(小澤さん指揮)に行ってきました!

今年1月に続いて5月にも、小澤さんが指揮する水戸室内管弦楽団の演奏会がありました。運よくチケットが取れたので、水戸まで行ってきました!

演奏曲目は3曲の予定でしたが、水戸室内管弦楽団の名ヴィオラ奏者だった江戸純子さんが演奏会に先だって亡くなったそうで、最初に、小澤さん指揮でモーツァルトのディヴェルティメントニ長調K.136(125a)の第2楽章が演奏されました。すごく心のこもった演奏で、本当に、思わず涙が出てしまいそうでした。

CIMG1197.JPG

今回の演奏曲は、
【第1部】指揮者なし
ゲルスター:ティンパニと弦楽のためのカプリチェット
(ティンパニ独奏:ローランド・アルトマン)
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調K.219(トルコ風)
(ヴァイオリン独奏:竹澤恭子)
<休憩>
【第2部】式:小澤征爾
ベートーヴェン:交響曲 第2番 ニ長調作品36

竹澤恭子さんのヴァイオリンは生で初めて聞きましたが、とっても情熱的で良かったです。情感あふれるような音と、そしてヴァイオリンを弾く姿もとてもかわいらしくて素敵でした。今度は、竹澤さんを聞きにコンサートに行ってもいいと思いました!

小澤さんの指揮のベートーヴェンも、良かったです。昨年もベートーヴェンの第4と第7を水戸でやって、それがCDにもなって発売され、好評だったみたいですが、とっても力強く、でも軽やかな弦楽器が素晴らしい水戸管弦楽団ならではの(そして小澤さんならではの)音が今回も聞けました。

本当に、いつまでも聞いていたい気がしました。

水戸芸術会館の掲示板に下の新聞が貼ってあったのでアップします。水戸に住んでいたら、リハーサルにも行ってみたかったなー!!!

CIMG1198.JPG

2014年01月25日

■小澤さん指揮の水戸室内管弦楽団、行ってきました!

忙しさにかまけて大分間が空いてしまいました・・・。小澤さん、体調が悪くて思うように指揮をされていませんが、先日1月19日(日)、茨城県水戸の水戸芸術会館まで、小澤さんが指揮をするというので第89回定期演奏会に行ってきました。

CIMG7065.jpg

実はブログにしませんでしたが2年前も、水戸に行ったのです。やっぱり1月に2回演奏会があって、小澤さんが指揮の予定でしたが、1回目の日は指揮をされたのですが、生憎それで腰痛がひどくなったか何かで2日目は指揮をされませんでした。私は残念ながら2日目のチケットを買っていたので、小澤さんの指揮は見られなかったのです!

そのときはちょっと記憶に残ることがあって、その日会場に行っても、小澤さんが指揮をしないということは貼り紙すら出ていなかったんですね。それで皆、当然小澤さんを期待して席に着き、開演の時間になったときに初めて知らされました。観客の中にはとても怒った人がいて、ホールの客席中央ぐらいに当時の館長さんだった吉田秀夫さんがいらして、議論となりました。吉田さんはとても困り果てたようで、最後に、「ではどうしたら良かったんでしょう」とおっしゃって、そこで議論も途切れ、小澤さん指揮でなければ聞きたくない方は今退場してくださってかまいません、払い戻します、ということで、ごく数人が、多分出て行ったと記憶しています。

そして、オーケストラは、指揮者がいないまま演奏をしました。水戸オーケストラは、指揮者がいなくても演奏できる実力があるし、直前まで小澤さんと練習してきたわけだし、とても満足して聞くことができました。そのとき、ゲストとしてチェロの宮田大さんもいたかな、確か。最後は結局、残った人にも皆6000円払い戻していただきました。いつ小澤さんの指揮ができないことが分かったのかにもよりますが、分かった時点ですぐに貼り紙や場内アナウンスをしてくれていたら、こんなことにならなかったのでは・・・、とその時思っていました。実際、現場にいたら判断は難しかったのかもしれませんが。

そんな記憶のある水戸オーケストラで、今回は大丈夫かな?とちょっと心配も。でも今回は、最初から1曲だけの指揮だしね、と思って会館にはいると、リハーサルが押しているということで少し開場が遅くなっていました。約10分ぐらい遅れて開場し、時間通り19:00ぐらいに無事開演。最初は、ナタリー・シュトゥッツマンさんの指揮でメンデルスゾーンが2曲。ナタリーさんは、メンデルスゾーンはもっと評価されてもいいと感じているそうで、確かにナタリーさんのイタリア(交響曲第4番)は印象深かったです。

そして、インターバルのあと、いよいよ小澤さん登場!またちょっとお年を召された感じ・・・。でも元気にオーケストラの人たちに交じって舞台に出てきました。これがいつものスタイルですよね!

そしてベートーヴェン交響曲第4番。最初の音からして、違いました!音がほとばしっているというか、生きているというか。リハーサルが押したのは、どうやら細かいストリングスを合わせていたそうです。前々日に1回目の本番があったのですが少し納得がいかないところがあったとかで、そこを念入りに練習したと聞きました。

でもやはり体力が戻っていないのか、第1楽章と第2楽章の間の束の間、指揮者の立ち位置のところに置いてあった椅子にもたれかかっていました。でも第2楽章が始まると、いつもの指揮が。そして、第2楽章と第3楽章のつかも間の休息のときも椅子にもたれていましたが、最後、第3と第4の間はそういうことはありませんでした。ここはやっぱり一気に行きたいところだからでしょうか。指揮者という仕事は、本当に体力を使うんですよね、きっと。

それに前日は水戸の子どもたちに音楽を教えたり、もされていたようです。後輩の育成に本当に力を注ぐ小澤さんらしいですね。茨城新聞の1月13日版に、下記のように記事が出ていました。

CIMG7066.JPG

このコンサートは、1日目の様子がNHKで3月16日に放送されるそうです。絶対に再度見たいです!それに、5月にまた水戸で指揮されるという話もあります。でも、今年の夏の松本のサイトウキネンコンサートでは、指揮はせずに総監督をすることにしたと昨日だったかニュースで聞きました。「だってキャンセルしたら皆に迷惑をかけるからね」ということでした。でも、2年後には指揮を絶対したいとのこと、ぜひぜひ頑張ってほしいなと思います。

2010年09月09日

■小澤征爾さんとサイトウキネンオーケストラの、六本木ヒルズでの生中継!

サイトウキネンフェスティバルの最後のコンサート、Cプログラムは、
2,3年に一度は、台風にぶつかるという印象があります。

台風にやきもきしながら、1日前に行ったほうがいいか悩んだり・・・、
たしか9.11のテロがあった年だから、2001年だったと思いますが、
最後の日、台風で中央本線も上越新幹線も止まったこともありました。

今年もそんな年でしたね!幸いに8日のお昼過ぎ、
岐阜のあたりで台風は熱帯低気圧になったようですが。。。

でも今年も予定があまり立たず、松本のチケットは
買っていなかったのですが、そんなお天気の中、
今年初めて、六本木ヒルズアリーナの生中継を見に行ってみました。

Cプログラム1日目の生中継が無料で見られる!というものです。

小澤征爾さんは、食道がんの復帰後、最初はいつもどおり
全て指揮をされるはずだったのですが、持病の腰痛のために、
チャイコフスキーの弦楽セレナード第1楽章だけの指揮になりました。
でも、だから、少しでもいいから見たいな!と思ったのです。

六本木ヒルズアリーナは、初めてですが、こんなところ。
丸い屋根がちょこっとついている、半野外のホールです。
スクリーンの後ろは、テレビ朝日のビルです。長野朝日放送が
テレビ朝日系列なので実現しているんですね、きっと。

ホール.jpg

よく分からないかもしれませんが、
中央辺りは、本当にアリーナ席のようになっていて、
コンサート会場のように椅子が並べてありました。
でも台風の後、風は強いしお天気は悪いし、で、
6時半過ぎはまだ人もまばらでした。

そして一段ぐらい上がったところに、テーブル席がほんの少しあり、
そこは、早くに来た人でもういっぱい。
小さな売店が出ているので、そこで買ったワインなどを
飲み始めている人たちもいて、慣れているなぁと感心しました!

小雨もまだ降っていたので、会場のほうでビニールの雨合羽を
用意していて、来た人に配ってました。

7時の開演前は、武満徹メモリアルコンサートをまとめたものを
見せていました。あまり内容を知らなかったので、cobaさんの
アコーディオンや、渡辺香津美さんのギターでびっくり。
何だか、ちょっと得した気分!

その後、開演少し前に、今月の初旬に撮ったという
小澤さんのインタビューが流れました。

インタビュー.jpg

復帰できたことの感謝や、指揮が交代になったことのお詫び、
代わりの指揮者の下野竜也さんのことなどを話されてました。
食道を全摘出されたんですから、大変なことですよね。
お元気な姿が見られただけで、もう感激です!

スタート.jpg

そして、いよいよ生中継開始!
最初に、空のステージに小澤さんだけ登場し、
指揮者交代のお詫びを述べたあと、再度登場して演奏開始です。

チャイコフスキーの
「弦楽セレナード」ハ長調 作品48」第1楽章!
もう、すごかったです!

チャイコフスキー.jpg

チャイコフスキー2.jpg

この曲は、サイトウキネンオーケストラにとっても、
小澤さんにとっても思い出深い曲で、
斎藤秀雄さんが亡くなる数週間前に合宿でとりあげ、
これが最後かもしれない、という思いで
演奏した曲だと聞いています。

そのことともダブって、この7,8分の演奏にかける
オーケストラと小澤さんの意気込みというか、一体感というか、
そんなものが感じられる気がして、本当に素晴らしかったです!
もう、涙が出そうでした。

それにしてもサイトウキネンオーケストラの弦は、
本当にすごいですね。この曲を聴いただけで、
もう帰ってもいいかなと思ったくらいです。

どんな感じか聞きたい方は、アマゾンの試聴ページで
SKOと小澤さんのCDから、少しだけ聞くことができます。

ここをクリックして下の方の「試聴用サンプル」から、どうぞ。
聞くときには、最初からボリュームを最大にしたほうがいいです!

でもせっかくなので、下野さんもしっかり聞いてきました。
まず、権代敦彦作曲の「デカセクシス」。
これは、カーネギーホールとの共同委嘱で作られた曲だそうで、
世界初演だそうです。こういう曲は苦手なのですが、
サイトウキネンの演奏だと不思議に聴くことができます。

下野さん.jpg

それから、ブラームス「交響曲第1番」。
下野さんはブザンソンで優勝し、今注目されている指揮者ですが、
確かに小澤さんとは違う曲になっているなと感じました。

下野さんファンも六本木ヒルズアリーナにたくさん来ていたようで、
下野さんが出ただけで、拍手している人たちもいましたよ。

そばにあった電飾のポスターは、こんな感じ。

ポスター.jpg

生の音にはやっぱり負けると思うけれど、それにしても
生中継で大迫力で見られて聞けて、松本に行かれない人には、
とってもありがたい企画です。

おまけに、コンサートの休憩時間には、今年のSKFの
パレードの様子やオペラのことなど、ダイジェスト版で
見せてくれました!

それから、コンサートが終了してお客さんが拍手しているとき、
何と小澤さんが、客席の後ろのほうに立っていらしたのですが、
そのサービスショットも2回ほどありました!
これは、会場の人は気づかなかったのではないでしょうか。

ちなみにパンフレットも十数部売っていたそうです!
でも、もしかしたら?と気づいたのが、終ってから。
ショップらしきところ(信州のジュースや、コンサートホールで
売っているグッズを売ってました)で聞いたら、
売り切れました〜と言われてショック!
もう少し早く気づけばよかったです〜。(涙

でも、来年はここで指揮をします、とおっしゃっていた小澤さん。
ぜひぜひ万全の体調で、戻ってきていただきたいです!!

(1ファンとして写真を載せました。もしご迷惑であれば
削除しますので、関係者の方、コメント欄からお知らせください)

2010年01月30日

■キャンセルとなった水戸室内管弦楽団、創立20周年記念コンサート

小澤征爾さんの病気療養のため、水戸室内管弦楽団の
創立20周年記念コンサートはキャンセルになってしまったようです。

水戸室内管弦楽団は、指揮者がいなくても演奏できる
大変レベルの高いオーケストラだし、
違う指揮者で行なうのかな?と思っていたのですが、
やはり、水戸室内管弦楽団の創立20周年記念は
小澤征爾さんがいないと始まらないということなんですね。

次回に予定されている、小澤征爾氏指揮による
水戸室内管弦楽団の演奏会は、来年2月だそうです。

ちなみに今回予定されていた曲目は、

モーツァルト「ディヴェルティメント ニ長調 K.136(125a)」
モーツァルト「ホルン協奏曲 第1番 ニ長調 K.412/514(386b)」
  (ニーノ・ロータ:<アンダンテ・ソステヌート>付き)
  ホルン:ラデク・バボラーク
ハイドン「チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 Hob.VIIb-1」
  チェロ:マリー=エリザベート・ヘッカー
モーツァルト「交響曲 第35番 ニ長調 K.385 <ハフナー>」

このうち、モーツァルト「ディヴェルティメント K.136」と
ハイドン「チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 Hob.VIIb-1」は、
第1回定期演奏会でも演奏された曲なんだそうです。

また第1回定期演奏会のハイドンでは、
故ロストロポーヴィチ氏がソリストとして演奏したのですが、
今回はそのロストロポーヴィチの名を冠したコンクールで優勝した
マリー=エリザベート・ヘッカー氏が演奏する予定でした。

こんなに素晴らしい内容のコンサートがキャンセルになってしまって
とても残念ですが、来年が楽しみですね。

小澤征爾さんの回復と復帰を、心よりお祈りいたしております。

2010年01月08日

■小澤征爾さんが、食道がんの治療で活動休止!

小澤征爾さんが、初期の食道がんの治療に専念するため、
今年6月までの公演を全てキャンセルされたそうですね。

1月7日の小澤さんの音楽事務所発表によると、
昨年末の定期健康診断で発見され、治療のため、
今月15日に予定されていたウィーン国立歌劇場での公演や
新日本フィルの公演など、6月までのすべての公演を
キャンセルするそうです。



7日の夕方には、主治医と一緒に小澤さん自身が記者会見を
したそうですが、そのときにはとてもしっかりしたご様子だった
と聞きます。ぜひ、しっかり直して、また復活していただきたいです!
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤征爾さん

2009年12月11日

■小澤征爾氏が、民間オーケストラへの支援を小沢幹事長に要請

民主党になって事業仕分けや予算の見直しが行なわれていますが、
文化芸術部門の予算削減は慎重に行なってほしいと、
小澤征爾氏が、民主党の小沢幹事長に直談判をしたそうですね。

今回の民主党の事業仕分けは、かなりドラスティックなもので
他にもたくさんの人が小沢幹事長に直訴をしているようです。

小澤氏が依頼したのは、民間のオーケストラへの支援を行なう
ためにも、財団法人や多額の人件費のかかる施設の見直しを
すべきではないか、ということだそうです。

『財団法人の一部オーケストラについて、省庁OBの天下りで
人件費がかさんでいる現状を説明。「財団法人の無駄を削らず、
貧乏な民間オーケストラにしわ寄せがいくのは無理がある」と
見直しを求めた。』ということです。

財団法人のオーケストラにも、省庁OBの天下りがあるんですね。
初めて知りました!

小澤征爾さんはじめ、日本のクラシックをリードしている
多くの関係者にヒアリングをして、日本の文化芸術がしっかり
発展していけるような方向にぜひ持っていってほしいものです。

ニュースによると、『小沢幹事長が「私は評判の悪いほうだけど」
と切り出すと、小澤氏も「僕も音楽界では嫌われているから同じ」と
笑顔で応じる一幕もあった』(毎日JP 2009年12月9日)そうです。
日本の音楽界にこびていない小澤さんだから、なのでしょうか?
そんな小澤さんのファンは、たくさんいます!頑張ってください!
タグ:小澤征爾
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤征爾さん

2009年08月06日

■ベルリンフィルのコンサートマスターに、日本人内定!

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のオーディションに合格して、楽団のリーダーとなるコンサートマスターに日本人の樫本大進さん(30)が内定したそうですね!

ロンドンで生まれ、ドイツとニューヨークに学んだという、インターナショナルな人なので、あまり日本人が、とかは言いたくないのですが、でも、すごい快挙です。

オーケストラの一員となるのも初めてで、正式な団員となるのも、2年の試用期間後なのですが、ベルリンフィルの芸術監督、サイモンラトル氏の新しい風を歓迎する方針での決断だそうです。

樫本さんは、96年にロン・ティボー国際音楽コンクールのバイオリン部門で、史上最年少優勝(当時)を果たした人。兵庫の音楽祭では音楽監督を務めています。今住んでいるのは、ドイツ。国際派の彼ですが、サッカーなどでの日本とドイツの対戦では、やっぱり日本を応援するそうです。そして、「小澤征爾さんと共演すると、他の国の指揮者のときとは違う侍魂を自分の中に感じる。」と語っています。

アイデンティティは、やっぱり日本人なんですね。でも、ロンティボーのコンクールに出ていたとき、友人と結果の賭けを楽しんでいて、「落ちても人生終わるわけじゃないし」と思っていたというから、性格は大陸的なようです(小澤征爾さんと同じ?)!

これからの活躍、楽しみですね。
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽一般

2009年07月27日

東野圭吾の「流星の絆」

今年は、残念ながらサイトウキネンは行けそうもありません。。。
その代わりではないのですが、思いっきり東野圭吾さんにはまっています!そして4冊目は、「流星の絆」。

これも昨年ドラマ化されたもの。そのとき、原作を読みたいと思いつつ、今頃になってしまいました。テレビは1,2回見たきりで。。。

子供が2階の屋根を使って出入りする、というのは、「白夜行」でも同じようなことが出ていたので、もしかしたら、東野圭吾さんの原体験かなぁなどと読みながら思いました。

うらやましいくらい、中のいい3人兄弟が主人公です。最後の犯人もやっぱり意外ですが、でもこの作品は、今まで読んだのよりすごく暖かい、というか柔らかい感じがします。(たとえば、書き手が恋をしているのかなと思うような。。。)こういうのを、円熟味が出てきた、というのかもしれませんね。。。

突拍子も無いストーリーでも、現実にあるかもしれないなと思わせるような力量。そんなものを感じます。題材もハヤシライスで、グルメな時代にもあっています。そういえば、ドラマ化にちなんでハヤシライスも発売されたんでしたよね。

それにしても、こんなストーリーを書けるなんて、東野さんの頭の中はどうなっているんだろう?といつも思います。パズルをひとつずつ、はめていくような快感、それが東野圭吾の作品ですね!

TBSでのキャストは、下記の通り。
なかなかシブいキャスティングですね。
犯人役を考えると、見ておけばよかったな〜と思います!

有明功一 … 二宮和也
有明泰輔 … 錦戸 亮
有明静奈 … 戸田恵梨香
戸神行成 … 要 潤
林ジョージ … 尾美としのり
萩村信二 … 設楽 統
(バナナマン)
高山久伸 … 桐谷健太
     
矢崎秀子 … 麻生祐未
矢崎信郎 … 国広富之
コウイチ … 齋藤隆成
タイスケ … 嘉数一星
シズナ … 熊田聖亜
 
戸神貴美子 … 森下愛子
サギ … 中島美嘉

戸神政行 … 柄本 明
有明塔子 … りょう
有明幸博 … 寺島 進

柏原康孝 … 三浦友和

東野圭吾の「白夜行」

東野圭吾さんの本、3冊目は、「白夜行」を読みました。

1973年におきた2つの殺人事件とひとつの自殺。それらは迷宮入りとなり、あいまいのまま、やがて19年が経ち、真相が徐々に明らかになっていきます。

犯人探しにももちろんドキドキするのですが、でもその犯人探しの過程で描かれる人たちのストーリーがとても面白いのです。たくさんの人が次々と出てきて、何だかドストエフスキーの小説みたい、なんて思ったりして。。。そして、最後には、やっぱり驚きの結末!

人は、そこまで人を愛せるのだろうか、と最後の結末に思います。でも、そこまでの過程を思うと、そうなのかもしれない、と思ったりもします。(まだ読んでいない人のために、はっきり書けなくて、すみません。。。!)それにしても、後味のすっきりしない苦い読後感。それがまた、魅力です。

時代を明確にするためか、70年代、80年代などの時代模様も背景として書かれています。そういえば、そんな時代だったかなぁとなんだか懐かしい気がしました。

また、やっぱり理系の作者だからでしょうか、まだ走りだったはずのコンピュータやプログラミングのこと、インベーダーゲームなどアーケードゲームや、ファミコンゲームのことが書かれていて、これもすごく興味深く読めました。

2006年には白夜行は、TBSでドラマになっているんですね。
調べたらキャストは、下記のようでした。

桐原亮司役 山田孝之
(幼少時代の亮司 泉澤祐希)
唐沢雪穂役 綾瀬はるか
(幼少時代の雪穂 福田麻由子)
松浦 勇役 渡部篤郎(特別出演)
篠塚一成役 柏原 崇
古賀久志役 田中幸太朗
園村友彦役 小出恵介
菊池道広役 田中 圭
唐沢礼子役 八千草 薫(特別出演)

栗原典子役 西田尚美
西口奈美江役 奥貫 薫
川島江利子役 大塚ちひろ
高宮 誠役 塩谷 瞬
桐原洋介役 平田 満

桐原弥生子役 麻生祐未
谷口真文役 余 貴美子
笹垣潤三役 武田鉄矢

東野圭吾の「秘密」

東野圭吾さんの2冊目は、「秘密」。これは、98年にベストミステリーに選ばれたりした本だそうです。

ミステリーと言えばミステリーなのですが、犯人探しではなく、超常現象に近いことを描きながら、人の心の機微も描いたストーリー。この本を読んで、最後、泣けて仕方がなかったという人がとっても多いのです。

ネタバレになるので、もちろん詳しく書けませんが、「秘密」とは、何が「秘密」なのか。。。途中は、もちろんその超常現象を知っている家族ということなのですが、最後に来て、本当の「秘密」とは、実は・・・!とわかって、鳥肌が立つというか、泣けてきます。

東野さんのストーリーの特徴は、やっぱり最後のどんでん返し、というか、驚きの結末にありますね。ミステリー好きの人は、私もそうですが、いろいろ勘ぐりながら読むのですが、それでもそれ以上の結末になっている!それが楽しくて、一度本を開いたら、終わりまで一気に読んでしまいます!

東野圭吾の「容疑者Xの献身」

東野圭吾さんの本にはまってしまいました!

容疑者Xの献身、これはもう周知のように、TVドラマ「ガリレオ」にもなったものですが、この原作が東野圭吾さんの本だったのです。

テレビは全く見ていませんが、2005年のミステリーでとても話題になっていた本だったので、興味がありました。週刊文春の2005年度ミステリーベスト10でも1位です(このランキングは、ちょっと信頼しています)

初めて読んだ東野圭吾さんの文体は、サクサクとしてとても気持ち良くストーリーが理解できるものでした。理数系のアタマの人だな、と思い、プロフィールを見たら、やっぱり!大阪府立大学電気工学科卒業です。

でも、理数系でわりきれるような話ではないのです。微妙な人の気持ちというのもしっかりと描かれていて、そして、最後には大どんでん返し。。。。

ドラマにしたくなるのも、よくわかります。とっても、おすすめのミステリーです。東野さんの本を初めて読むんだったら、この「容疑者Xの献身」から、というのはおすすめだと思います!

2009年03月29日

鶴見俊介さん出演のETV特集

日本の戦後の思想を語るうえではずせない方のひとりに
鶴見俊介さんがいらっしゃいます。

政治家を父に持ち、戦前に15歳でアメリカに渡り、
ハーバード大学の哲学科をアナキスト容疑で逮捕されながらも、
留置場で論文を書きあげて卒業したという経歴もすごいのですが、
読書の量と記憶力は半端ではないそうで、
幼少期から読んだ本の内容をすべて記憶しているそうです。

鶴見俊介さんは、あまりテレビにも出たがらないのですが、
この度、ぜひ鶴見さんの記録番組をということで、
ある知人の方が1年以上かけて説得し撮影にいたったそうです。
そして出来たのが、「鶴見俊輔 〜戦後日本 人民の記憶〜」
という番組です。
(NHK ETV特集 2009年4月12日(日)22時から23時半NHK教育テレビ)

鶴見俊介さんの、「自分の身近にある生活のものごとを
ブリコラージュし、断片を練り上げるように思考していくその態度は、
60年安保改定に反対し、市民グループ「声なき声」の結成や、
65年、ベ平連への参加へと受け継がれていく。
近年では、「憲法九条の会」を加藤周一、大江健三郎らと結成し、
再軍備に向かって大きく舵を切りつつある今日の日本の現状を鋭く
批判し、警鐘を鳴らし続けている。その彼が語る。「日本の近現代が
置き去りにしているものを拾い集め、それが与えられた社会の中で
どのように生きているかに関心がある。」ここに「日本の良心」が
蠢いている。」
http://www.nihonshinju.com/archives/2006/08/post_1.htmlより)

小田実さん、加藤周一さんなどを始めとした、
戦後日本の思想を支えた方々がいなくなりつつある今、
鶴見俊介さんのこの番組は、大変貴重なものとなることと思います。
もしよかったら、ぜひご覧ください。
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年02月19日

■サイトウキネンフェスティバル2009のプログラム

サイトウキネンフェスティバルのプログラムが発表になりました!期間は、2009年8月17日(月)〜9月9日(水)の24日間です。

今年のオペラは、ブリテンの戦争レクイエム。レクイエムと言うと、モーツァルトとかフォーレが有名ですが、このブリテンのレクイエムも最高傑作といわれるそうです。雄大なスケールとしかも80分という長さでかなり大変なレクイエムらしいのですが、指揮者なら1度はやってみたい曲のようですね。小澤征爾さんがどう見せて聴かせてくれるのかが、とても楽しみです。

オーケストラは、ラヴェルの道化師の朝の歌と、シェエラザード、そして、ブラームスの交響曲第2番ニ長調作品73だそうです。サイトウキネンオーケストラのブラームスは、もう定番でぜひ生で聞いてみたい!ですね。

それから、ゲストコンダクターは、 バイオリニストでもあるロバート・マンさん。モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」(サイトウキネンオーケストラ)とベートーヴェンの弦楽四重奏曲13番「大フーガ」(若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」オーケストラ)を指揮するそうです。

チケット発売は、2009年5月30日(土)の午前10時から全国一斉に発売だそうです。また、あっという間に売切れてしまうのでしょうね。。。

2009年02月02日

■小澤征爾さんをめぐる話題

ちょっと多忙すぎて、半年以上、間があいてしまいました!

昨年8月もやっぱりサイトウ・キネン・フェスティバルのボランティアに参加し、オペラの楽屋裏のお手伝いをしました。出演者やスタッフのおやつ(果物やコーヒーなど)を用意したり、オペラの幕間にサーブされたワインのグラスを洗ったり。松本駅の南側ある、とあるレストランから、ワインやワイングラスが届けられているみたいでした。

そして、9月のサイトウ・キネン最後の日にサイトウ・キネン・オーケストラの演奏を聴いてきました。マーラーの巨人、とっても楽しみにしていたのですが、さすが、サイトウ・キネン・オーケストラ。繊細な、でもたくましい巨人でした。

昨秋は文化勲章も受賞し、ウィーン国立歌劇場も来日して、神奈川で小澤征爾さんが指揮をされたんですよね!オペラ「フィデリオ」は、とても素晴らしかったとききます。

毎年春に行っていた東京オペラの森は、今年はもう、小澤さん指揮のオペラはやらなくなり、タイトルも少し変わって、全くの別物になってしまったみたいで、残念!

でもオペラはやっぱりチケット代が高く敬遠されがちだし、海外から多くの人を呼んでのオペラ上演では、なかなか運営が困難だったそうだから、仕方がないかもしれませんね。。。

また4月には、小澤征爾音楽塾のコンサートがあります!今年は、中国の北京、天津、上海でも公演するんですね。それから、ウィーンは、もしかしたら2009年が小澤征爾さんの最後のシーズンだったでしょうか?まだまだ今年も、精力的に活動されるんですね。体にだけは気をつけて、活躍していただきたいです!
タグ:小澤征爾

2008年08月28日

■ベルリン・フィルの映画が11月公開

またまた、だいぶ間が空いてしまいました!サイトウキネンのお手伝い、今年はまだで、もうすぐ行って来ます。

ところで少し先ですが、あのベルリン・フィルの映画が東京のユーロスペースで公開されるそうですね。2005年の東アジアを巡るコンサート・ツアーに同行したドキュメンタリーのようで、指揮者はサイモン・ラトル氏です。監督は、ベルリン・フィルと子どもたちを撮ったトマス・グルベ氏だそうで、今度のも期待できますね!

こういうドキュメンタリーやメイキングのような映画は、とても興味深く見られて、ますます音楽が好きになりますね。

昔見た、ウエストサイド・ストーリーのオペラ・バージョンCDのメイキングLD(まだ、DVDではなかったんです。)では、バーンスタイン氏の思うような歌にならなくて苦悩するホセ・カレラス氏が描かれていてハラハラしながら見たのですが、とてもファンになってしまいました。(三大テノールとして日本で騒がれるようになる大分前でした)

    *      *

ベルリン・フィルの映画の詳細:

タイトル 「最高のハーモニーを求めて」
英題: TRIP TO ASIA:THE QUEST FOR HARMONY
製作年: 2008年   製作国: ドイツ 
日本公開: 2008年11月 (ユーロスペース)
上映時間: 1時間48分
配給: セテラ・インターナショナル

監督: トマス・グルベ
音楽: シモン・シュトックハウゼン
キャスト:サー・サイモン・ラトル
     ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 他

ストーリー:名門オーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の2005年のコンサート・ツアーに同行したカメラクルーは、移動の飛行機からリハーサル、メンバーのホテルの部屋、自由時間、楽屋までを縦横無尽に動き回り、偉大なるオーケストラの内側に潜入する。彼らの奏でる最高の音楽と素顔をとらえ、ベルリン・フィルの全容を映しだす。
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽一般

2008年07月23日

■もうすぐ、サイトウキネンですね!

すっかり間があいてしまいました。気がついたら、もう夏です!

小澤征爾さんは、この春から腰椎椎間板ヘルニアだということで、新日本フィル、水戸室内管弦楽団、そしてウィーン国立歌劇場をキャンセルしていたので心配していたのですが、小澤征爾音楽塾やスイス国際音楽アカデミーでは元気に指揮をなさったようですね!

そして、まもなく、サイトウ・キネン・フェスティバル松本があり、2度目のウィーン国立歌劇場日本公演があります。

サイトウ・キネン・フェスティバルでは、ボランティアの募集が始まりました。登録している人には用紙が届くので、これが届くと、もうすぐサイトウ・キネンなんだな、と実感します。

音楽の友では、7月売りの8月号で「小澤征爾学」再入門という小澤さんにエールを送る特集をしているようです。

また、スイス国際音楽アカデミーのときに受けたインタビューが、下記のURLで見られます。よかったら、ぜひどうぞ!

http://www.swissinfo.ch/jpn/front.html?siteSect=105&sid=9286940&cKey=1214998677000&ty=st

2008年01月27日

■この春の小澤さんのコンサート予定♪

また、ぽんすけさんから貴重な情報をいただきました!

この春の小澤さんのコンサート予定です。まだ新日本フィルや水戸室内管弦楽団のHPにはアップされていない情報もあります。

----------------------

■新日本フィル特別演奏会 (ピアノ:上原彩子さん)

5月6日(火・祝) パルテノン多摩
  7日(水)昭和女子大学人見記念講堂

曲目は、ベルリオーズ:劇的物語「ファウストの劫罰」作品24

5月16日(金)サントリーホール
  17日(土)すみだトリフォニーホール
  19日(月)ザ・シンフォニーホール
  20日(火)三重文化会館

プログラムは、
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番ニ短調 Op.30
チャイコフスキー:交響曲 第6番ロ短調作品74「悲愴」

■水戸室内管弦楽団

5月28日(水)、29日(木)、30日(金)
モーツァルト:歌劇<コシ・ファン・トゥッテ> K.588 序曲
モーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 K.447 *
ホルン独奏:ラデク・バボラーク
 *5月30日は第4番変ホ長調K.495を演奏します。
細川 俊夫: ピアノとオーケストラのための<月夜の蓮>
ピアノ独奏:児玉 桃
ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調 作品60

その後、ヨーロッパツアーにも出掛けるようです。


----------------------

とのことです!

2月の始めにはウィーン国立歌劇場で指揮をなさるようですが、
その後は、「東京のオペラの森2008」も4月にありますし、
今までになくたくさん日本で演奏なさるんですね♪

ファンには、うれしい春になりそうです。
ぽんすけさん、いいニュースを本当にありがとうございました!




posted by エミル | Comment(1) | TrackBack(0) | 小澤征爾さん

2008年01月22日

■小澤さんの北京コンサートが見られます♪

寒い日が続いていますね。
東京も雪になるとの予報が何度か出たくらいです。

そんな中、寒さで縮こまって夜帰ってきたら、
うれしいニュースが、このブログを読んでくださっている
ポンスケさんから届いていました!

なんと!小澤さんが北京で指揮をなさったコンサートの映像が
YouTubeで見られるのです♪


さっそく拝見していたら、疲れも寒さも飛んでいってしまいました!

もしよかったら、下記のURLから、ぜひご覧ください。
パワフルな小澤さんと中国オーケストラののびやかな音が聴けます。
ランランさんも素敵です!

http://jp.youtube.com/watch?v=ZEw2RpWfBPA

http://jp.youtube.com/watch?v=qZSEuQ1GKOE

http://jp.youtube.com/watch?v=SlIVX1a0JZU

http://jp.youtube.com/watch?v=eoiPMNFdk-0

ポンスケさん、素敵なプレゼント、本当にありがとうございました♪
posted by エミル | Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤征爾さん

2008年01月10日

■小澤さん、北京でニューイヤーコンサート!

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

この頃毎年、年末に向かう頃から超忙しくなり、今も気分的には4足のわらじを履いている感じで、なかなかこのブログを更新できませんでした。これから少し頑張りたいと思います!

ところで、小澤さん、北京でのニューイヤーコンサートに参加されたんですね♪

「指揮者の小沢征爾が中国国家交響楽団(チャイナ・ナショナル・シンフォニー・オーケストラ)、同合唱団などとの共演で31日と1月1日、9月に使用が始まった北京市内の国家大劇院でニューイヤー・コンサートに出演する。

独唱者はソプラノのキャスリーン・バトル、バイオリンのワディム・レーピン、中国人はピアノの郎朗(ランラン)、二胡の姜建華、チェロの趙静、パイプオルガンの沈凡秀。

中国のクラシックファンの間で、特に前評判の高いのが、小沢征爾と郎朗の初共演。曲目はベートーベンの「合唱幻想曲」。同曲は、交響曲第5番(運命)と同時期の作品だが、ピアノ独奏部分で始まり壮大な合唱付きのクライマックス部分を持ち、交響曲第9番(合唱付き)の原型とされている。

29日の記者会見で郎朗は、「小沢征爾さんと共演でき、とても光栄です。この曲は11年前、14歳の時にも演奏したことがあり、今回のコンサートは、私にとって記念的な意味を持つものです」と述べた。」


とサーチナ・中国情報局からのニュースにありました。(そして、無事に開催されたとの短いニュースもありました!)

キャスリーン・バトル、ワディム・レーピン、郎朗(ランラン)、二胡の姜建華・・・、聞いただけでワクワクします。行ってみたかったです。テレビ中継などはなかったのかなぁ。。。

昨年はウィーン劇場の名誉会員ともなった小澤さん。ぜひ今年もお元気で活躍してほしいです!

posted by エミル | Comment(7) | TrackBack(1) | 小澤征爾さん

2007年12月11日

■六本木ヒルズで、サイトウ・キネンをもう一度!

早いもので、もう年末。バタバタしていたら、あっという間でした。
松本に行ったのがつい先日のようなのに。。。。

ところで、その松本のサイトウ・キネン・オーケストラの演奏がもう一度六本木ヒルズの大スクリーンで見られるそうです!

今年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本のメーンプログラムのひとつ、小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ演奏のオーケストラコンサート<Bプログラム>は、9月6日の演奏当日も松本から六本木ヒルズに生中継されたのですが、再度それが上映されるそうです。

クリスマスの翌日、もし時間があったら行ってみるといいですね。

詳細は以下のようになってます。

■日時  2007年12月26日(水) 午後6:00開演

■会場  六本木ヒルズアリーナ
    (東京都港区六本木)

■曲目  ラヴェル:「亡き王女のためのパヴァーヌ」
     ベルリオーズ:「幻想交響曲 作品14」

■主催  長野朝日放送
■協力  テレビ朝日/森ビル/ViViA
     /サイトウ・キネン・フェスティバル松本実行委員会
健康食品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。